今と昔の婚約指輪に対する価値観や選び方の違い

婚約指輪としての概念

婚約指輪と言うと、一般的には結婚したいと思う男性が相手の女性に対してプロポーズをする時に、その気持ちの証として指輪を渡すというのが婚約指輪です。この指輪は、あくまでも婚約の約束をしたという物ですので、必ずしもそれをもらったからと言って全ての人が結婚している訳ではありません。悲しい結果に終わる人もいます。ですがその指輪を貰える人は全ての女性という訳ではありません。なので、貰える女性はとても幸運なのです。

婚約指輪を貰うシチュエーション

婚約指輪を貰う時のシチュエーションに憧れを抱いている女性はとても多くいます。昔ながらの雰囲気に憧れてレストランで食事をするなどに憧れを持っている人もいますし、近年ではそこまで派手にしないでも、普段の生活の中で自然に貰えるのを望む人も多いです。ですがどんな状況の場合でも、プロポーズをする側は緊張しますよね。もし万が一断られたらどうしようと思うとなかなかできませんよね。確実に受け取ってもらえる時しかプロポーズしないと思っている男性も多いです。

今と昔の傾向の違いがよく分かる

そして近年では、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけている人が多い傾向です。ですので、結婚指輪はシンプルな物が多いでしょうから、婚約指輪はデザイン性のある物を望む人も多いです。重ねてつけてオシャレに見えるようなものを望む、オシャレ意識の高い女性が多いです。男性からしたら、婚約指輪をずっとしまわれているよりも、一緒にいつもつけてくれればとても嬉しいですよね。なので一緒に見に行くという人もいます。昔と比べて傾向も変わりつつあります。

婚約指輪の話になる時、必ず話題に上がるのがダイヤモンドの大きさ。大きければ大きいほどいいと言うものではありませんが、一つの目安として見るのは面白いかもしれません。